「過払いの勉強」へようこそ

当サイトは過払いについての情報サイトです。

今やCM、電車やバスのつり革広告でも当たり前のように見かけるようになった「過払い金」という文字ですが、具体的にどういったものかをあまり認識できていない方も多いのではないかと思います。

当サイトではそういった方の為に様々な情報を掲載し、実際に手続きを考えておられる方にとってはその方法、なぜお金が返ってくるのかという仕組み、そしてよくある質問という構成でご紹介しております。

過払い請求とは

債務整理手続きの一種で、本来取ってはいけない高利で借り入れを行い、それを返済したときに生じる払いすぎたお金を、消費者金融から返してもらう手続きです。

過払い請求は借り入れをした人が請求しなければ、任意の弁済として返済義務が生じないため、払いすぎが生じていても消費者金融から連絡が来ることはありません。

自分で手続きをとるのは難しいという人は、弁護士や司法書士などに債務整理として依頼すれば、代理人としてこれまでの取引履歴の取り寄せや利息の引きなおし、業者との交渉や訴訟などをやってもらえます。

ちなみに過払いはなかなか馴染みのない手続きだけに不安のある方も多いかと思いますが、当サイトで少しでも知識を得ていただき、何かのお役に立てましたら幸いです。
どうぞご覧になって下さい。

消滅時効を迎える前に過払い請求AtoZは、これから過払い請求を検討されているかた、現在ご自分で申し立てを行っているが、なかなか解決しないという方々の情報サイトとして、お役に立てればと思っております。

金融業者を相手にする手続きだけに不安に思う方も多いかと思いますが、現状を知っていただき、少しでもお役に立てましたら幸いです。

過払いに自信を持っている司法書士

借金の他にもいろんな種類の仕事を行っている司法書士は、すべての業務を幅広く行っている人もいるかもしれませんが、どれかの分野を専門的に行っている人もおり、中には過払いなどの借金を得意としている人もいます。

司法書士の中でも過払いの相談が多い人の中には、経験も豊富であり、ベテランと思える人もいるでしょう。過払いに自信を持っている司法書士もいるかと思われます。もし、過払いの相談をしないといけない時には、その様にこの分野に詳しい司法書士を探す様にしたいですね。

過払いに自信を持っている司法書士に相談した際には、きっと抱えている問題がスムーズに進む場合が多いのではないでしょうか。

過払い金の問題に詳しい弁護士

過払い金の返還を希望する場合には、実績のある弁護士の対応をチェックすることがおすすめです。 現在のところ、過払い請求の手続きの取り方に関して、様々な場面で話題となることがありますが、いざという時に備えて、基本的な知識を身につけることが求められます。

また、過払い金の額を計算するためには、長い時間が必要となることがあるため、早いうちから専門家に相談をすることが肝心です。 その他、過払い請求のメリットやデメリットをきちんと理解することによって、将来的な問題の発生を最小限に抑えることが出来ると言われています。

貸金業者の過払い金のトラブル

貸金業者の過払い金の支払いに関して悩みを抱えている人は、決して少なくないとされ、経済的なトラブルを解決するにあたり、優秀な弁護士からアドバイスを受けることが有効です。

特に、過払い請求の必要性については、それぞれの事情によって、大きなバラつきが見られますが、早期に無料相談の対応が充実している法律事務所に問い合わせをすることが良いでしょう。

そして、過払い金のリスクに関しては、一般人にとって、すぐに理解をすることが難しいものの、専門家と定期的にコミュニケーションを図ることで、何時でも安心して生活を過ごすことができます。

債務整理のデメリットについて

債務整理には、自己破産、個人再生、任意整理の種類があります。種類によって細かい違いはありますが、債務整理の最大のデメリットは、信用を失なうことです。信用情報期間に事故情報が登録されて、一定期間お金を借りることができなくなります。

また、自己破産や個人再生を行うと、官報という国の広報誌に、氏名や住所が記載されます。この情報をもとに、ヤミ金業者から、ダイレクトメールなどが届くことがあります。 自己破産をした場合は、一部職業に就けなくなったりします。あとは、借金に保証人がついてあた場合は、借金の請求が保証人にいきます。そうなると、人間関係なども破綻してしまったりします。

過払い請求に対応した弁護士

本気で過払い請求をしたいという場合には、弁護士に相談する事によって対応してもらえる事でしょう。弁護士は過払い請求において、どんな事でも自在に対応する事ができます。借金問題を得意としている弁護士であれば、きっと過払い請求の対応も行ってくれる事でしょう。

過払い請求だけの場合にも弁護士に対応してもらう事ができますが、同時に返済に困っているなどという場合にも対応してもらう事ができます。弁護士に債務整理を依頼した場合には、その一つとして過払い請求が行われる事もあります。残りの返済額を減らすという点において、役立つ事もあるかと思われます。問題への着手は遅くならない様にしましょう。

債務整理は個人再生とは違い官報に載ることはない

個人再生は、法律の規定に基づいて債務者が返済をしやすくしていく手法で、強力なものです。そのため、多重債務に陥っている方でも返済をしていくことが可能になります。ただし、法的に一定の資格制限を受けるのと、官報に氏名や住所が載ってしまうというデメリットがあります。

人によっては仕事上、官報に載ることで信用を失って仕事が続けられなくなる場合もあります。そういった事態にならない方法としては債務整理があります。これは、当事者の交渉で支払いをしやすい形にしていく方法です。任意で行われるため、応じるかどうかは債権者次第で交渉が難航することもありますが、債務整理は任意の手法であるため、個人再生のような不利益を被ることはありません。

借金、多重債務、債務整理大阪のことなら債務整理.net 弁護士法人みお。大阪、京都に事務所。

多重債務などの借金問題を自己破産、任意整理、債務整理で解決。

多重債務の借金相談をするには

多重債務で苦しんでいる方は最近コマーシャルなどでも取り沙汰されている過払い金請求などの借金相談を気にされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。極端なケースでは借金が0になったり、払い過ぎた利息が戻ってくるといったこともあるそうなので無視できる問題ではないですよね。

これは債務整理といって弁護士や司法書士などの第三者が間に入ることによって法的に借金を見直すことで成立します。債務整理には任意整理といって債権者と債務者の話し合いによって利息などの変更を行うものや自己破産なども含まれています。大阪などでも、無料で相談をおこなっている事務所も存在するため、一度相談してみるのもいいかもしれません。

多重債務をしている人への助け船、債務整理

債務整理は現在大阪などの大都市の法律事務所や、司法事務所などでも数多く取り扱われている借金の返済方法の一つです。インターネットで「債務整理」と調べると「多重債務に強い法律事務所」といった内容が出てくるほどです。

弁護士や、司法書士を通して、金融会社と月々の返済金額について減らしてもらうよう交渉する方法です。借金がなくなるわけではなく、あくまでも毎月の何社へもの返済を全て合わせて、自分が支払える金額にしてもらうということです。例えば5万円なら支払えるという場合には5万円を弁護士さんが各社にそれぞれ毎月支払いをしてくれ、自分で直接返済をするということがなくなります。

司法書士ができることとは

借金問題を抱える方の多くが、返済への悩みを持っています。なかには、自己破産などの方法を選んで、問題を解決させるための強硬手段とする方も存在します。債務整理の方法が複数存在するなか、借金の返済のメドが立たなくなってしまった債務者の債権者に対して、清算をして債務者の経済を再生させる制度を、自己破産といいます。

大阪をはじめとする都市部を中心に、司法書士がいる法人の数は充実しています。不動産や相続の名義変更だけでなく、借金問題なども取り扱っています。専門家が手続き方法の手順だけではなく、メリットやデメリットについても正しい知識が得られます。

債務整理の際の任意整理とは

任意整理とは、借主の任意によって借金を整理することを言います。債務整理でも、裁判所などの行政機関を通すことなく、債権者と債務者との間での交渉によって、月々の支払額や利息などを減らし、借金額を少なくさせます。

返済額が現状のままでは無理があり、収入を得ながらコツコツと借金を返済していきたいという方に適した方法でもあります。大阪などの事務所では、話し合いによって借金の返済額を変更してもらえるという点が大きな特徴であり、いくつかの法律に基づく正式な判断が関係してくるため、利息額にも変更が生じる他、債務者にとっては現実的な返済計画が立てられます。

後遺障害の交通事故慰謝料を受け取る

後遺障害は痛みをはじめとする後遺症の症状に関して、賠償金をもらう基準を等級ごとに分けています。この等級によって交通事故慰謝料や逸失利益などの賠償金が定められるため、等級は非常に大切な要素になります。

この認定が怪我の症状に見合ったものでないと、賠償金を受け取れない可能性も出てきてしまい、その結果、泣き寝入りを余儀無くされるケースもあります。また、交通事故慰謝料の基準についても、一番高い基準である弁護士基準の他に、任意保険や自賠責保険などの基準がありますので、その点を踏まえて示談交渉をすべきでしょう。

交通事故弁護士における損害賠償引上げ

思いもよらず交通事故に遭遇してしまった場合において、戸惑ってしまう人も多いと思います。特に、今まで交通事故にあった経験などがなく、はじめての場合には損害賠償や慰謝料などが大きく変動してきますので、交通事故を熟知している交通事故弁護士に依頼することをおすすめします。

加害者側との慰謝料の交渉において自力で対応するよりも、交通事故弁護士に依頼することで、慰謝料の増額や後遺症認定などの可能性を引き上げることが出来ます。依頼する際には、交通事故を得意とする法律事務所、交通事故弁護士に依頼することで、確実な成果が得られます。